柿の種を拾い集めるように

映画と料理と本とか

鯛塩ラーメンと他人の人生について

f:id:rikkun2mura:20191013150440j:plain

学会で愛媛に行くとかだったので、じゃあ何か買ってこいと言ったら、買ってきてくれたのが鯛塩ラーメン。

 今回は豚肉買うの惜しんだためチャーシューは作らず。鍋に使う水菜を少々と冷凍庫にあったささみを添えたくらいでかなりシンプルです。

 

カッペリーニみたいな麺でした。本当美味しかった。塩スープが海の塩感満載でそれこそ海の香りする。工業的に作られたNaCl感はない。全然塩がきつくない。すっごいマイルド。

f:id:rikkun2mura:20191013150655j:plain

藻塩を最後トッピングしていただきましたが良いもんですね!あと1食分ありますが、鯛入れたいんだよな〜。鯛の頭安く売ってんだよな〜。

 

 

先日母親と話す機会があって(現在無職だから当然だが)、誰かの人生を熱く語っていた。テレビでのドキュメントだかなんだかわからないが一生懸命話していました。彼女はあーでこーで大変なことがあってこういう人生を過ごしたという内容。

正直言って途中から聞いていませんでした。

自分は残念ながら他人が波瀾万丈に生きたという事に全く興味が持てません。もちろん世間話できくことはなんら問題ないのですが、、、だからどうとは思わないのです。

人なんてケースバイケースの最たるもんだし、こう思ってだとかそう思ってだとかそんなもんほとんど当てはまるわけないし、勉強になるとかそういう次元ではなく、本当関心がわかない。だからもちろんエッセイやハウツー本も苦痛。母親や伴侶はその類が好きだけど、完全に無理。馬鹿にする気なんてないし、それらを好きな人を否定もしません。ただ自分の中に取り入れようという感覚がない。キャリアコンサルタントくらいしんどい(最近キャリアコンサルタントと接することが多いのですが、何を言っているのかわからない。自分1人で生きてる訳でないのにやれ人生の予定たてろだとかやれ綿密な計画たてろだとか。なんでも予定通り行ってたら離婚もしないし会社も倒産しない。何が起きてもいいように覚悟と貯金だけはしている)。

 

不特定多数に発信してる自分の生き方論は本当に意味不明。

 

でも、自分のために誰かが言ってくれた言葉は聞くに値する。

 

テレビでやっていた誰かの人生についてを聞かされて思った事がこれだったという話。