柿の種を拾い集めるように

映画と料理と本とか

『男はつらいよ 寅次郎の縁談』

山田洋次監督の男はつらいよ、寅次郎の縁談。良いですね、泣きました。

 

今回のマドンナは松坂慶子です。若かりし松坂慶子がマドンナを務めた別シリーズは、DVDを持っており、よく観ては泣いていました。

ですので、今回松坂慶子というのに驚き!

え?!まだ出てたの?!

いやでも確かに大原麗子なんて結構出てましたもんね。

 

で、今回はなんというか満男の不甲斐なさ満点!さすが寅の甥御!

いや寅より酷い。

優柔不断な寅みたいな感じでやってる事の支離滅裂さ!お前言葉足らなさ過ぎて寅のやつふられただろ!という具合で観てました。

そして、とら屋に松坂慶子が来るシーンですよね。満男の目を隠すのが全く同じ!!もう泣きました。お店手伝ったりね。

 

結構晩年の男はつらいよは、渥美清が病気という事もあり満男が代わりに色々やってくれます。そういうのもあり最後のシリーズはあまり見る気にならないのですが、でも良いですね。観てみると。

 

さて一昨日から職安を利用し学校に通っております。女性ばっか!!!

若い女の子同士綺麗な弁当箱を並べて食べている姿が微笑ましく、一方大変そうだなぁと思う。他人の弁当にまるで興味のないおば様方と自分は昼食時間過ごします。タッパに入れた残飯のような弁当に無関心なのがとてもありがたい。

白髪頭のおじ様とは時代劇の話をしています。

皆さん面白いですね。異業種交流と言いますか、年齢も様々ですから楽しいですわ。

f:id:rikkun2mura:20190904201911j:plain

伴侶が買ってきてくれました。名前はわからんけどチーズが思いの外どっしりしていてうまい。