柿の種を拾い集めるように

映画と料理と本とか

『大放言』

新潮新書から出ております、百田尚樹さんの『大放言』を読みました。帯に『炎上覚悟』とありましたが、百田さんの慣れている感に思わず笑いました。

 

f:id:rikkun2mura:20191230162421j:plain

ちなみに中はまぁ炎上するんでしょうが自分はとても共感できました。面白いなぁ。

日常生きていて「え?」「なんだそれ」と日常感じる違和感を見事に拾い集めバッサリ切っていくのは快いです。

変な啓蒙書読むよりずっと気分が良い。

後口の良い本でしたので感想は恐ろしいほどない。

 

百田尚樹さんと聞いて嫌がる方もいらっしゃるようですが、なんというかそういう方々はこの人の御本をお読みになったのだろうか??一回読んでから考えれば良いのにと思う。